山陰・鳥取県 日南町。井上靖や松本清張とゆかりの深い<<文学の町>>。日野川源流と高原特有の気候に恵まれた<<特産品の町>>。町の90%が森の<<林業の町>>。
井上靖記念館「野分の館」(のわけのやかた)
 
世界的な文豪として知られる井上靖氏の記念館。
読み込み中
写真01の説明文
写真01の説明文
写真02の説明文
写真03の説明文
井上靖氏が昭和20年に家族を疎開させ、自らもしばしば訪ねたという、日南町神福。この地に井上靖氏の文学碑と詩碑をはじめ原稿や著書を展示した記念館「野分の館」があります。
当時、毎日新聞の記者であった井上靖氏は、京都大学時代の学友が日南町出身であったことから、大阪での戦火を避けて日南町神福(旧福栄村)太田集落に、奥さんと子ども達家族を疎開させられました。日南町を“天体の植民地”と表現され、小説「通夜の客」、詩「高原」「野分」の中には、文豪の目に映った中国山地が鮮やかに描かれています。



■文学碑 
●碑材/日南町で掘り出された「白御影石」 
●高さ2.8m・幅1.4m・厚み0.7m  
●碑文/井上 靖先生の直筆 
●題字/平林鴻三鳥取県知事(元)




■碑文 
●碑材/「黒御影石」 
●高さ1.2m・幅1.82m・厚み0.35m  
●詩文/井上 靖先生 
●直筆/井上ふみ夫人
住所 鳥取県日野郡日南町神福
TEL 日南町役場企画課 0859-82-1115

大きな地図で見る

当サイトについてサイトマップリンク集
このページのトップへ