日南町・白谷工房とサクラクレパス社との オリジナル「クレパス」ケースの販売開始

更新日:2021年09月28日

このたび日南町では、文具メーカーのサクラクレパス(大阪市中央区)とコラボした町産材を使用したオリジナル「クレパス」ケースの販売を開始することとしました。


クレパスケースは、白谷工房(日南町福塚)に製作を委託し、本年3月に完成しました。

サクラクレパスの創業者は、日南町出身の佐武林蔵氏(1886~1968年)であり、今年度サクラクレパス社が創立100周年を迎えるにあたり、昨年度、町が同社へ制作を提案し実現しました。

完成した商品は、地元産材を活用し、サクラやブナ、ヒノキなどを寄木細工で制作。クレパスはサクラクレパス社の専門家用クレパス「スペシャリスト」88本が入っています。

このたび完成した商品は、日南町のふるさと納税の返礼品及び日南町美術館にて販売します。(1ケース30,000円(税込)にて)
 

この件に関するお問い合わせは、日南町役場農林課(電話0859-82-1114)までお願いします。