第一生命保険株式会社鳥取支社と包括連携協定を締結しました

更新日:2021年10月08日

令和3年10月7日、第一生命保険株式会社鳥取支社様との連携協定を締結しました。

 

今回の包括連携協定により、第一生命保険株式会社鳥取支社様には、日南町が推進している国の二酸化炭素の排出権を取引する「J-クレジット制度」の販売コーディネーターとして、また日南町の農産物等の地産地消の取り組みを推進する取り組みを町と連携して行うこととなります。

 

協定式において中村英明町長は「SDGsに通ずる2030年のあるべき姿に向けて、第一生命保険株式会社鳥取支社様とともに、持続可能な地域づくりに向けて邁進していきたい」と話しました。

また、第一生命保険株式会社鳥取支社長の松永 宏之 様からは、「鳥取県の市町村含め、地域の持続可能性なくして、弊社の発展はない。9か所の営業拠点を活用し、脱炭素の取り組みであるJ-クレジットの制度のご仲介や、日南町の財産である農産物の販路支援や地産地消の取り組みを推進していきたい」とお話しいただきました。

 

締結式には、第一生命保険株式会社鳥取支社長の松永 宏之 様、鳥取支社営業推進統括部長 細野 勝也 様、鳥取支社米子東営業オフィス長 久保田 直矢 様、米子東営業オフィス 保永 のぞみ 様にご出席いただきました。