阿毘縁むらづくり協議会

標高約550mの阿毘縁は近年人口の減少と高齢化が進み町内一の過疎の村です。
阿毘縁は歴史もあり、日本刀の始祖と言われる平安時代の刀匠伯耆安綱の里、その多くは今も深い謎に包まれたまま・・・
ですが、伯耆国は大原の地に居を構え、地元に産する良質の鋼を原料
に今日に伝わる銘刀を打ったとされ、伯耆国(鳥取県中西部)に数ヵ所、伝承が残されています。下阿毘縁大原も有力な候補地のひとつです。

まち協会長さんから一言【生田享也さん】

いくたかいちょう

日南町の子供たちの自尊感情が低いといわれて久しくなります。 この町に暮らしている私たちが喜びや幸福感を感じることなく日ごろから不満を言っていたら、子供たちも地域と生活と人に誇り持つことができません。自惚れというと古き良き日本人には敬遠されるかもしれませんが、地域と暮らしと隣人を愛していることを恥ずかしげも無く伝えられる日南人が増えるとイイなと思っています

活動情報

この記事に関するお問い合わせ先

阿毘縁むらづくり協議会


〒689-5551
鳥取県日野郡日南町阿毘縁1238番地1
阿毘縁地域振興センター内
電話/ファックス 0859-87-0909